医者へ行く

診察

edになったなら、専門医院を受診することが一番おすすめです。
しかし、edはとてもデリケートな問題なので、誰にも知られたくないと感じるものです。
そのため、多くの人は医者に行くことをためらっている状況があります。

しかし、専門医院では触診などは行いません。実際に性器を見せるような治療も行いません。

副作用

ポイント

バイアグラには、副作用が起こることがあります。副作用といっても、それほど深刻な副作用ではありませんので安心してください。

バイアグラの副作用としては、体のほてりや赤らみ、目の充血などが挙げられます。
この症状は、血の巡りが良くなっている現れで、勃起の可能性が高まっている証拠です。
服用者の約9割にこの症状が出るので、ほてりや充血が起こることで、十分に効いているという実証になります。

メカニズム

元気

勃起が起こるメカニズムは、神経と血管が関係しています。
性的興奮を受けると、脳から神経を伝って、海綿体に信号がいきます。

海綿体は、脳からの信号により勃起するための血液を取り込みます。
海綿体に血液が流れこむことによって、正常に勃起が出来るのです。

edになってしまうと、血液の流れが悪くなっているか、神経に障害が起きて信号が届かなくなっているかのどちらかです。

深層心因

葛藤

edの精神的な原因には、深層心因による場合があります。
深層心因は、自分でも気づかないうちに封印している心の傷が原因のedです。

幼少期に受けた虐待など、忘れたいと思っている出来事が、知らず知らずのうちに精神面に悪影響を与えてedとなっているケースです。
バイアグラの成分は、精神面での障害を負っている深層心因にも効果をもたらします。

現実心因

自分の力

edの原因には、精神的な障害による場合があります。

精神的な原因の場合、現実心因の可能性があります。
現実心因とは、日常生活で抱えている悩みが引き起こすedのことです。
現実心因が原因のedでも、バイアグラは十分な効き目を発揮してくれます。
現実心因の場合は、ed治療薬を飲むタイミングや服用量が大事です。

加齢

悩み

edになる原因は様々です。原因のひとつに、加齢によるedが挙げられます。

年をとると、男性ホルモンが減退して勃起しなくなってきます。女性の生理が無くなるように、男性もホルモンの現象により勃起ができなくなります。
この状態はごく自然のことです。それでも、性行為を行う場合は、バイアグラなどのed治療薬を服用すれば、性行為をすることができます。